走りながらflier(フライヤー)で本を聴き、読んでいる

最近、以前より時間の確保が難しくなってきているので、インプットが減ったような気がしていました。
漠然とですがそういった気持ちがあり、なんとか強化していきたい!と思うようになりました。

そんな中、色々と考えた結果ランニング時に情報を収集できるようにflier(フライヤー)という本の要約アプリを使っています。
プランによって要約の読める数などに制限があるのですが、全ての要約をいつでも読めるゴールドプランを3ヶ月ほど続けていますので、その感想を書きます。

Top 続きを読む

AirPods Proを速攻で買った

AirPods Proが電撃発売されました。
僕は、発売は来年になるだろうと読んで、AirPodsの第2世代を4月に購入したのですが、その年中に発売してしまいました。
AirPodsは本当に毎日使っていて、ランニングから電車の中から至る所で使用しています。
音楽はもちろんのことFlierという要約サービスの読み上げを聞いたりしています。
電話も基本的にはiPhoneを片手で持つようなことはせず、必ずAirPodsを装着してから電話をするようにしています。
電話の相手にもよるのですが、電話をしながら両手が空いている快適な感覚はなかなかのものです。

そんなヘビーユーズなアイテムであるAirPodsがアップデートされたわけです。
僕としては、明らかにリターンが保証されているので迷いもせず購入しました。

Airpods pro 0 続きを読む

ARアプリは面白い

こんにちは、@ja_gaimopotatoです。

最近、少しずつARアプリの開発をしています。
それほど手の混んだものではないのですが、いろいろと実験を兼ねてコードを書いています。

iOSのARKitを使うと、本当に簡単に動くARアプリを開発できるので、驚きです。(ただ、簡単ではありますが、いろいろやろうとすると難しくなります。

以前一度ARKit 1.0時代に書いていたコードで、ワールド原点を変更しなければ、成り立たない感じのアプリがあったのですが、それが最新のARKitでは簡単に変更できたりして、より手軽にいろいろできるようになってきたので、集中して開発したり、いろんなアイデアを確かめて、満足したりというのを繰り返しています。

どこかの段階でなにかをリリースしようと思っていますが、使って楽しくなるような仕掛けづくりが上手くないので、そういう部分をいかに工夫できるかが課題かなとも思っています。

今はまた新しいアイデアを試している最中ですが、形になればリリースしたいと思います。

最近できるだけ、走っている

最近、なるべく走るようにしています。
時間にして、30分程度。
スロージョギングを行うというスタイルで、km毎7分半程度のスローペースで走ります。

週末は、10kmぐらいを走ることもありますが、基本的には平日、帰宅後に必ず走るということを徹底しています。

スローペースで走る

スローペースなので、体に負担も少なく毎日楽に続けられるので、気に入っています。

走るときは、iPhoneだけポケットに突っ込んで、Nike+ RUNのアプリを使って、ペースにチェックと、距離を測るようにしています。
大体ほぼ同じコースを走るのですが、ペースもほぼ同じになるように意識して、走っています。

走るスピードについて実は、「ランニングする前に読む本 最短で結果を出す科学的トレーニング」という本を読んでから、ゆっくり走ることを意識して走るようになりました。

本来、走ることは決して苦しい運動ではない。誰でも持っている「走る才能」を100%発揮するには、フォアフット着地で、ラクなペースで走ること。「スロージョギング」から始めれば、一流選手のスキルが簡単に習得できる。準備運動も筋トレもいらない、膝や心臓への負担もない。それでいて、消費カロリーはウォーキングの2倍!弱点を克服し、確実に結果を出す方法を徹底解説。初心者からサブスリーを狙う上級者まで。 続きを読む

MacBook Pro 15インチのユーザーはRAVPowerのUSB-C急速充電器(RP-PC105)を買うべき

最近のMacBook Proは、インターフェースがUSB-Cに統一されていて、USB-Cの充電の規格であるPDに対応しています。
USB-C対応のMacBook Proを購入した時から、PD対応のバッテリーや電源充電器を物色・購入し使っています。
最近までは、持ち歩く際の給電用の充電器としてAnkerの30Wの充電器を使っていたのですが、使用状況によっては電力が足りず、充電できない状況に頻繁に出くわしていました。
使い方によっては十分充電できるので、使いづらいというほどではなかったのですが、60W対応のものもいくつか出てきているので、そろそろ新調しようかと調べていたところ、RAVPowerのPD60対応の充電器(RP-PC105)が良いと判断し購入しました。

Ravpower charger

こちらの内容を早速レビューしていきます。 続きを読む

iPad OSをiPad Pro 11インチで試しての感想

Macが修理中ということもあり、手頃なキーボード付きのデバイスはiPadになってしまったので、いつもより頻繁にiPadを触っています。

色々楽しもうということで現在、パブリックベータで公開されているiPad OSを試しています。

正直なところ、アプリの使い勝手などはそれほど大きく改善されているようには思えないのですが、ファイルアプリで外部ストレージが使えるようになったのは、嬉しいです。
続きを読む

MacBook Pro 15インチ 2016 Laterが修理から帰ってきた

修理に出していたMacBook Proの15インチ(2016 Later)が、帰ってきました。
症状は、ディスプレイが変色して色味がおかしくなるものでした。
昨年より半年に1回ぐらいは交換しており、今回で3度目となる修理となりました。
Appleの対応としては、ディスプレイの交換をするという判断だったようです。

続きを読む

またまたMacBook Proの15インチ 2016年モデルのディスプレイが画面焼けになった

ここ2年ぐらいは、半年に1回ぐらいの頻度で、画面が青白くなるのとオレンジ色になる症状が出てきて、様子を見ながら修理している状況が続いています。

正直いって重症だと思いますが、今のところApple Careで対応できているので納得はしています。

ちなみに、この画像のような症状が出てしまいます。

display of macbook pro
続きを読む

iPad ProでキーボードSmart Keyboard Folioを試してみる

昨年のPayPay祭りに乗っかって、iPad Proを買って色々と使っています。

基本的にはMacを持ち歩いているので、あくまでサブ的な使い方がメインなのですが、メールの返信からコーディングまで幅広く使っています。

本当に対応力があって、嬉しい誤算です。特に、Smart Keyboardを購入してからは、使い勝手がさらに上がったように感じています。

金額的には、それなりにするので当初は購入を見送っていたのですが、少し使っているうちに入力速度が欲しいなぁと思う事が何度かあり、結局はApple Storeへ直行し購入に至りました。

テキスト入力全般は本当に問題がありません。ぼくは、USキーボードにしたのですがcaps lockでの入力切り替えで運用するようにしています。小指で切り替えるのに慣れるまで少し時間がかかりましたが、慣れると快適そのものです。

ipad pro 続きを読む