iPhone 6 Plusが快適だったので、iPad mini2を手放しました。

LINEで送る
Pocket

先日から使っているiPhonne 6 Plusの使い勝手が良く、ぼくの使い方だとiPad miniと同じような使い方もできていて、ここ1ヶ月ぐらいは本当にiPad miniの登場する場面はありませんでした。
あれほど毎日使っていたのに、呆気ないものです。

IPadAir2 iPadMini3

iPad mini 3が登場した今となっては旧型機になってしまった、iPad miniを手放すことにしました。

ヤフオクで売ることにして数日ですぐに売れました。

寂しい気持ちはありましたが、iPadのアプリのテストはAirで十分だし、iPad AirとiPhone 6 Plusで使い分けがスッキリするので、無駄がなくなって嬉しい面もありました。

iPad miniの役割の一つだった電子書籍に読書ですが、これはiPhone 6 Plusだとポケットから取り出して読むことができ、機動力が上がりました。  
また、ブログを書くという役割もあったのですが、iPhoneでiPad miniのキーボードカバーを普通のキーボードとして使うことにしました。使い勝手が良くてブログの下書きであれば十分な仕事をしてくれています。

これは、個人的な想像ですが、AppleのiPad miniのバージョンアップに力が入っていなかったのも、こういったiPhone 6 Plusとに使い方のバッティングがあることも理由なのかも知れません。

AppleがiPad miniを切るかどうかは分かりませんが、大きい画面はiPad Air、片手で持てる大きな画面はiPhone 6 Plusで十分だとぼくは感じました。

iPhone 6 Plusを使っていて感じるのは、相当なタブレットキラーだということです。
そもそもタブレットのメリットの多くは、ディスプレイのサイズに起因していると感じています。
となるとディスプレイサイズが大きくなったということは、タブレットの領域をiPhoneが奪ったということになるはずです。

実際ぼくの使い方では、そのようになりました。

Appleも、iPadとiPhoneの境界線を引き直しているのだと思います。
iPhoneの領域を広くしていくのではないでしょうか。

iPadよりiPhoneが売れる方が嬉しいはずですしね。

そういった境界線を感じながらiPad miniを手放したのでした。

これからも更新を続けていきますので、Feedlyへの登録をお願いします!

follow us in feedly

LINEで送る
Pocket

コメントを残す