IFTTTで天気予報をSMSで手軽に受け取る。

IFTTTというWebサービスを連携自動化のサービスがあります。
これの読み方は、「イフト」らしいのです。ぼくは、「アイエフティティティ」と呼んでいました。

[N] 「IFTTT」の読み方は”イフト”
GoogleGlassにも対応していたりで、すごいサービスです。

本当に、とても簡単に色々なサービスを連携できるのですが、iOS版のアプリが出てからより一層面白いことができるようになってきました。

iPhoneからは、位置情報を取得したりフォトライブラリの画像を利用できたり、連絡先のデータを触れたり、SMS や通知センターを使ったメッセージの受信が可能です。

レシピを作るのが楽しい。

Pocketというあとで読むサービスとFeedlyをガッツリ連携させているのですが、それ以外でも色々とレシピを作って遊んだりしています。中には結構、真剣に使っているものもあります。

例えば・・・。

家に近づいたから、Twitterでつぶやくとか。

IFTTT Recipe: 家に帰ったら、ツイートする。 connects ios-location to twitter

明日が雨なら、傘を持っていくようにSMSを送るとか。

IFTTT Recipe:  明日が雨だったらSMSを受信する。 connects weather to sms

フォトライブラリに追加された画像は、Dropboxへあげておくとか。

IFTTT Recipe: 新しい画像を撮ったら、自動的にDropboxへ。 connects ios-photos to dropbox

そういったことに使うサービスです。

使い方は簡単なのですが、アイデア次第ということもあります。
このIFTTTが秀逸なのは、そのアイデアを共有する仕組みもしっかりとデザインしているところなのです。

誰かが考えたすばらしい連携を「レシピ」という単位で、共有することができます。

そのレシピを元に自分なりのエッセンスを加えて、さらに便利なレシピにしてしまうこともできます。

そうやって楽しみながら生活を便利にするサービスなのですが、最近役に立っているのは先ほども挙げた、雨を知らせてくれるSMSのレシピです。

もちろんアプリなどでもチェックしているのですが、SMSだとちゃんと確認するので忘れないことが多いという個人的なメリットがあります。

バリエーションとして、雪の場合なども作れます。

IFTTT Recipe:  明日が雪だったらSMSを受信する。 connects weather to sms

IFTTTは、楽しいサービスなので一度お試しください。
そして、便利なレシピがあれば教えて下さい。

参考になったリンクまとめ

イチから始めるならここが分かりやすい。
作りながら覚える「IFTTT」レシピの使い方活用講座!(全5回) | hoomey

iPhoneを持っているならこれを参考に。
IFTTTの位置情報を活用してできる11のこと : ライフハッカー[日本版]

色々まとめ
IFTTTの使い方・レシピ集 – NAVER まとめ

これからも更新を続けていきますので、Feedlyへの登録をお願いします!

follow us in feedly

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です