時間がないので15分で、ランニングと筋トレを終わらせる。

こんにちは、JAGA(ja_gaimopotato)です。
最近時間を確保するのが難しいことがあります。## 運動は絶対やっておきたい。
帰宅後、就寝までに残された時間は数時間。
夕食、入浴、やりたいこと(ぼくの場合は運動、ブログ、プログラミング、読書)の時間を割り振らなければなりません。
皆さんの中で同じような状況の方も多いと思います。

ぼくは、運動は毎日の集中力を生み出すとても大事な要素だと考えていて、ちょっとでもやるべきだと最近改めて決意し直しました。

でも、適した運動量というものが判断しづらいです。
実際、それぞれの目的に応じた適量というものが、あると思うのです。
例えば、フルマラソンに挑戦するのと体力を維持するのでは全く違うアプローチが必要だと思います。

どれぐらい運動すればいいの?

ぼくは、集中力が途切れない程度に体力を維持することと、週末のサッカーに耐えられる体力が欲しいという目的があります。
試行錯誤して、最近辿りついたのは、ランニングに7分と腕立て伏せなどの筋トレに5分で準備などの時間も考慮して15分間で済ますことです。  

最近、筋トレはApple Storeのアプリ(AppStoreではありません。)から無料でダウンロードできる「7分間エクササイズ」でいくつかをスキップしつつ、5分に収まるようにしつつトレーニングしています。

7 分間エクササイズ – 7 Minute Workout Challenge App
カテゴリ: ヘルスケア/フィットネス
価格: ¥200

ランニングは、必ずNike+ Runningで距離かスピードが前回を上回ることをゴールとしています。

Nike+ Running App
カテゴリ: ヘルスケア/フィットネス
価格: 無料

それに加えて、なるべく歩いて移動するように心がけ、Nike+ Fuelband SEのNike Fuelが3,500を超えることも指標としています。
皆さんもNike+ Fuelband SEをお持ちではなくても、Nike+ Moveで計測できますので指標として測ってみると面白いと思います。

Nike+ Move App
カテゴリ: ヘルスケア/フィットネス
価格: 無料

適量の運動を探す日々は続く

ぼくの場合は、これでちょうど良いのではないかと思い始めています。

短距離で、高負荷をかけることを繰り返す方が効果があるという記事を見かけたこともありますし、インターバルトレーニングというものもあるようですので、そういったことも考えながら 少し時間を長くしたり、短くしたりして調整していこうと考えています。

春からスタート!短時間で効果的!インターバルトレーニング – NAVER まとめ

LH質問箱:運動時間が少なくてもそれ以上の効果が出るトレーニング方法とは? : ライフハッカー[日本版]

これからも更新を続けていきますので、Feedlyへの登録をお願いします!

follow us in feedly

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です