MacをYosemiteにして、よかったこと。

LINEで送る
Pocket

MacのOSをYosemiteにアップデートしました。

巷で言われているような不具合に遭遇することもなく、とても快適に使っています。

実際、バージョンアップしてよかったなぁと思うことがいくつかありました。

Mac yosemite 1

まず、新鮮であること。
これは、本当重要です。

ぼくのMacは一番最初のRetinaディスプレイのMacBookPro 15インチで、結構長い期間を使っているのですが、それでも新しくなったとかそういう感覚を味わえるのは嬉しいことです。

iCloudドライブを使える。

iOS 8でiCloudドライブを有効にすると、OS X はYosemiteではないと使えません。
これは、システムのコアな部分で統合されているので仕方がないと思います。

KeynoteやNumbersを使うときに不便だったのですが、スムーズに使えるようになり、Dropboxのような使い方もできるようなので、良いです。
ただ現状で、Dropboxを置き換えるのかというと、若干方向性が違うような気がしますのでこの辺りは今後に期待したいと思います。

iPhoneとの連携の強化

これは、連続性というテーマで、iOSとOS Xを繋げることを目的とした一連の機能が、心地よいです。
ぼくは、iPhone 6 Plusを使っていてポケットに入れていることが多いのですが、大きい分取り出すのに若干手間がかかります。

そういったときでも、電話をMacで受け取れたり、こちらから掛けたりできるのは、結構気持ち良いです。
メールも、LINEだけで済めば良いですが、そうもいかないのでSMSやMMSも送れるのは嬉しいメリットです。

以上の点は、よかったなぁと思っています。

バグがあったり安定性に欠けるような印象が最近のAppleのOSにはありますが、ぼくが使っている状況では、Yosemiteは今のところ問題なく活躍しています。(iOS 8の方は結構、バグでやられましたけど)

これからも更新を続けていきますので、Feedlyへの登録をお願いします!

follow us in feedly

LINEで送る
Pocket

コメントを残す