MacのMailアプリのV2フォルダの容量を圧縮しよう。

LINEで送る
Pocket

ぼくは、MacBookProのRetinaディスプレイモデルを使っています。
SSDの容量は、256GBのモデルなのですが、いっぱいになることなく使ってきました。
でも、最近大容量のアプリをインストールしたりファイルサイズの大きいデータをダウンロードすることが多くディスクの残量が30GBを切ることもありました。
ちょっと、このままだとマズイかなと思い始め、SSDのファイルの整理をすることにしました。

Macの容量の空きをチェックするのは、DaisyDiskというアプリを使っています。
これは、見た目がカッコイイよく視覚的にも分かりやすい表示で、ディスク残量を表してくれるのでオススメです。

DaisyDisk App
カテゴリ: ユーティリティ
価格: ¥1,000

そのDaisyDiskで調べてみると、ユーザーディレクトリ内のライブラリの中にあるメール関連のキャッシュで25GBも占めていることが分かりました。

DaisyDisk mail app space

そこで、メールアプリの設定を見直してなんとかすることにしました。## Mail.appの設定を見直そう

ぼくは、GmailのアカウントとIMAPでメールアプリと連携しています。
その設定を見直すことでこの容量は改善できます。

これだけのディスクスペースを使う原因は、添付ファイルをダウンロードしているからです。
まず、この設定をやめます。

設定を開いて、ダウンロードするオプションをオフにしましょう。
「すべての添付ファイルを自動的にダウンロード」というオプションのチェックを外します。

Mail (Mavericks): 「詳細」アカウント環境設定

Mail app setting change

そして、一度メールアプリを終了します。
次に、該当フォルダV2の中のGmailアカウントのファイルをまるごと移動します。(結局あとで削除します。)

Shiftキー+Commandキー+GをFinderで入力して出たダイアログに~/Library/Mail/V2と入れて移動します。

Mail app v2 dir

削除しても良いですが、Gmailアカウント名のついているフォルダを移動します。

Mail app v2 gmail dir

そして再度、メールアプリを起動すると改めて同期が始まるので少し待ちます。

これで、キャッシュがリセットされ添付ファイルをダウンロードすることがない状態で使うことができるようになりました。

DaisyDisk mail app v2 directory after

結構ディスクの容量を使っていたのでこれがなくなると本当に良いです。

Abou my mac 20140830

ちなみに、このMacについてからストレージの容量を調べるとバックアップという項目が結構な容量を占めていることがありますが、これはローカルスナップショットに使われているものでOSが自動で削除したりして、やりくりするので空き容量と考えて大丈夫なものです。

Time Machine のローカルスナップショットについて

なんだかんだと整理して、90GBぐらいの空きが出来たので安心です。

これからも更新を続けていきますので、Feedlyへの登録をお願いします!

follow us in feedly

LINEで送る
Pocket

コメントを残す