MacBook Proに合うキーボード、AnkerのBluetooth Wireless Keyboardを購入しました。

LINEで送る
Pocket

MacBook Proに合うキーボード、AnkerのBluetooth Wireless Keyboardを購入しました。

先日、デスクの整理を兼ねてMacを置ける机上台を購入しました。
Macを使わないときに、置いておくためのものだったのですが、ポジションが中々良いので、そこにMacを置いた状態で、キーボードとトラックパッドやマウスを接続して使ってみようと思いました。

そこで、USキーボードとして、AnkerのBluetooth wireless Keyboardを購入して試してみることにしました。

選んだ理由ですが、iPadのキーボードカバーでAnkerのものをいくつか使ったことがあり、使用感が気に入っているというのが大きな理由です。
また、AppleのWirelessKeyboardは、JIS版を持っているのですがUS版は持っていませんでした。
お試しで、使うだけなのでとりあえずはお手頃な価格のものを選ぼうということで、AnkerのWireless Keyboardが適しているという判断をしました。

Appleの純正キーボードに似ている。

届いたパッケージは、いつも通りシンプルです。

Anker keyboard bt mac 5

開封し、中身をみると本体と説明書があるのみ。

Anker keyboard bt mac 6

裏側には、電池を入れるスペースと電源のOn/Off用のスイッチ、Bluetoothのペアリング用のボタンがあります。

Anker keyboard bt mac 8

キーの並びなどは、MacBook Proを並べて比較してみると、ほとんど同じです。
キーピッチもほぼ、同じのようで安心しました。

Anker keyboard bt mac 9

ペアリングはとても簡単で、電源を入れて、Connectボタンを押すとMacの方でキーボードを検出できるようになるので、ペアリングを進めるだけでOKです。

ペアリング

スイッチを入れて、Connectボタンを押します。

Anker keyboard bt mac 7

Anker keyboard bt mac 10

Macで検出して、コードを入力するだけです。

Anker keyboard bt mac 4

使用してみると結構良い

使ってみた感想ですが、打鍵の感じは、Apple Wireless Keyboardとは少し違います。
ですが、2500円程度の品ということを考えると十分過ぎると感じました。
廉価版のApple Wireless Keyboardといったところでしょうか。

US版のキーボードで、Apple Wireless Keyboardに似ているデザインのものを探しているのでしたら、これは候補に入れてもよいものだと思います。

ファンクションキーの動作が違う

使い勝手の面で、少し不満というかAppleのキーボードと違う動作をしている部分があります。
それはFunctionキーの使い方なのですが、FnキーとF1〜F12キーの同時押しで、標準のF1ボタンなどを押す動作になります。

通常であれば、キーボードの設定で変更できるはずなのですが、このキーボードはFnキーの使い方を逆転させることはできないようになっています。
iPadでの使用も想定しているので、そういった部分でトリッキーな処理をしているのだと思います。

Karabiner(旧KeyRemap4MacBook)を使って、ある程度動作を元に戻すことができますが、それでも完全ではなく、設定を強制的に変更しようにも、キーコードを検出できないものがいくつかありました。

Anker keyboard bt mac 2

例えば、次の曲などのキーが乗っ取れないっぽいです。
そもそも、Fnキーを単独での押下も、Macには送信されてないような動作をしています。
同時押しの時のみ、特定のキーコードを送るような仕様になっていると推測できます。

Windowsなどを使って調べれば、もう少し上手くハック出来そうですが、そこまでのやる気がでなかったので、調査はやめました。

とりあえずは、こっちのキーボードを使うときには、Fnキーを押してF1〜F12の機能を使うようにしたいと思います。
それがストレスに感じてきたら、純正を買います。

それ以外は、本当に思ったよりいい感じのキーボードなのでオススメです。

これからも更新を続けていきますので、Feedlyへの登録をお願いします!

follow us in feedly

LINEで送る
Pocket

コメントを残す