iPad Air用のキーボードカバーをiPad miniで使うと快適です。

iPad mini用のキーボードカバーは、キーピッチが狭く少し不自由です。
それと比べiPad Airのキーボードカバーは、十分なキーピッチがあり使いやすいです。

ぼくは、iPad miniは普段はAppleのスマートカバーをつけて使っています。
これは、iPad miniを読書端末として使うということもあって、その方が都合がよいからです。

キーボードカバーは別々に持っている

キーボードカバーは、一緒にカバンに入れておいて、必要であれば使うというスタイルです。
この場合は、ハードウェアキーボードがキーボードカバーである必要があるのかという疑問も沸くかと思いますが、キーボードカバーにある専用のスタンドに立て掛けることでiPadとキーボードカバーの一体感が増すので、ヒザの上で使うこともできます。重量も軽いのでそういった面でのメリットがあります。

そういう使い方をしていて、ふと思ったのがiPad AirのキーボードカバーをiPad miniで使えば良いのではないかということです。
そうすることで、キーピッチの不満を取り除いてキーボードを使えることが狙いです。

今持っているAnkerのiPad Air用のキーボードカバー ウルトラスリムデザインにはiPad Airを立てる為のガイドがあって、その幅はiPad miniにもピッタリなのです。

Ipad mini keyboard ipad air 2

iPad AirのキーボードカバーをiPadで使う

試してみると、本当に快適です。
iPad Airは、ソフトウェアキーボードでも、そこそこ入力できるのですが、iPad miniの画面サイズでは、ソフトウェアキーボードでの入力は厳しく感じていました。
今回試した、iPad mini + iPad Air用のキーボードカバーですが、この欠点を完全に補ってくれる組み合わせです。

Ipad mini keyboard ipad air 3

デメリットと言えるのは、スマートカバーのようにくっつけることが出来ないので、完全にiPad miniとキーボードカバーは別々で持たなくてはいけません。  
これは、ぼくの場合は問題ないのですが皆さんはどうでしょう。

素晴らしい組み合わせ

しばらくは、iPad Airは、スマートカバーのみで使いつつiPad miniはiPad Air用のキーボードカバーと一緒に持ち歩くことに決めました。

MacBookを持ち歩くよりは、軽いしテキスト入力であればホントに問題なくこなせる組み合わせですので、オススメです。

これからも更新を続けていきますので、Feedlyへの登録をお願いします!

follow us in feedly

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。